カリス成城HP(私の御用達店は新宿オペラシティー店)
Aroma
香りは好きですか?

♪香りの体の中での作用

香りを感じるという事は、空気中に漂う香りの成分が呼吸と共に鼻に入ってきた事を意味して
います。その香りの成分は鼻の上の方の嗅粘膜に溶け込み、香りの成分を情報として嗅細胞
がキャッチします。その香りの情報は電気信号となり、嗅神経(T)・嗅球・嗅索を通り、大脳
(大脳皮質や大脳辺稼系)に伝えられ、意識として香りを感じます。好きな香りや嫌な香りなど
の感覚の違いによって、快・不快などの感情が生まれます。また、香りの成分は呼吸によって
肺にまで到達し、肺静脈などからも吸収され、体に影響を与えています。



♪精神的作用と精油の関係

集中力を増したり、頭の働きを明晰化したり、感情など心の判断にも香り成分は大きく
影響します。精神的作用と精油の関係を見てみましょう。

効能(症状)

 集中力・記憶力(集中力不足・記憶力不足・精神的疲労)
  ブラックペパー・ペパーミント・レモン・ローズマリー・ユーカリ

 催淫(冷感症・内気)
  イランイラン・クラリセージ・サンダルウッド・ジャスミン・パチュリー

 調整(意気消沈・情緒不安定・生理前のイライラ)
  ゼラニウム・フランキンセンス・ベルガモット

 幸福感(自信喪失・落ち込み)
  クラリセージ・グレープフルーツ・ジャスミン・ローズオットー

 鎮静(ストレス・怒り・短気・緊張・不眠)
  カモミール・ネロリ・マージョラム・ラベンダー

 元気(無気力)
  グレープフルーツ・カルダモン・ジュニパー・レモングラス・ローズマリー
 


 







戻る
戻る